【交友関係】友達に自分をさらけだすのが苦手でした。

スポンサードリンク

こんにちは。ぽじもじカウンセラーのまりです。

一つ前の記事では、会社員を辞めてカウンセラーの道を目指すことについて、家族からの理解を得た話を紹介しました。

▼その記事はこちら

家族に仕事辞めたことを伝えてきた話

2018.04.08

勇気を出し家族と向き合ったことで、大事な人の理解を得ることは自分が活動を頑張る上でとても心強いということが、分かりました。

この記事では、もう一つ私にとって大事な存在である友人たちに現在の取り組みを打ち明けた話について紹介していきます。

今回私は、友人からたくさんの「愛情」を受け取ることができ、このことが私の交友関係のあり方」についても深く考えるきっかけとなりました。

これまで私がとてもへたくそな交友関係を築いていたことなど振り返りたいと思います。

友人へ教えられなかった新しい道

実は最近まで、親しい友人の中でも3人ほどにしかこのブログも教えてなかったし、カウンセラーの道に進むことも語れていませんでした。

ブログを始めたあとに出会った知り合いにはとくに抵抗もなく教えられたんです。

でも、昔からの私を知っている親しい友人に教えるのはなかなか勇気が出ず教えられなかったんですね。

ブログの記事の内容には結構ネガティブな経験も出てくるので、「そんなことあったの!?」と驚かれてしまうかもしれないし、私のこの思い切った決断も引かれてしまうんじゃないかと不安でした。

昔を知られている存在だからこそ当時の私の本心」今の姿」を伝える怖さがあったのですね。

でもやっと最近、私自身が「昔の自分」を受け入れたうえで、「今の自分」に胸を張れるようになったので、「大事な人にもありのままの私を知ってほしい」という感情が少しずつ芽生え始めました。

そして今は、久しぶりに連絡をとった友人には積極的に自分からブログを教えられるようになりました!

友人の反応

私の交友関係は狭く深くなのでそこまで多くの友人はいません。そんな中でも最近は、10人以上に個人的に連絡をとりブログを教えました。

そして、すごく驚いたことがあります。

それは、読んでくれた友人が私のために泣いてくれたこと。

小学校の時からの友人

大学の友人

大学の友人

こんなふうにブログを読んで私の本心を知った時、たくさんの友人が私のために涙を流してくれたのです。

私にとっては予想外の反応で、みんな私に対してこんなに「愛情」を持っていてくれたんだと、とても驚きました。

愛情を受け取るのが苦手

このツイートでもつぶやいているように、私は人からの愛情を受けるのが苦手です。

学生時代は特に、家族・友人・恋人すべての関係に対して、その人に愛されるためには「なにかよっぽどのことを相手にしてあげる」「なにかものすごく自分が我慢をする」かしないといけないという謎の感覚がずっとあったんです。

冷静に考えればおかしいというのは頭ではわかるのに、私の中の最大の美徳は「自己犠牲」だったのかもしれません。

小さい頃からずっとというわけじゃなく、感覚を覚えたのは高校生の頃くらいからです。

そりゃあもちろん苦しかったです。でも、「何もしないでも愛される」自信がないから「愛されるための理由」を作ろうと必死だったんですね。

交友関係においてもそうでした。

友人に頼りたい時や相談したいことがあっても、「この人に私はなにもできていないから、頼ってはいけない・・」と心の底できっと思っていて、壁を作ってしまっていたんだと思います。

だから誰にも本心を打ち明けられず、悩んだりしていたんですね。

この辛かった経験は、このブログまりどころを作った理由にもつながるので大切な経験でもあります。

▼まりどころについて

まりどころってどんな場所?

2018.02.11

だけどどこかでこの価値観を改める必要があるとずっと思っていました。

ありのままでもいいんだ

そんな私のへたくそな交友関係の中で、仲良くしてくれていた数少ない友人たちが、私のブログを読んで涙を流してくれたこと。これは私にとって本当に大きな気づきになりました。

私が思っている以上に、みんなは私の存在に「愛情」を抱いてくれていたことに今更になって気がつきました。

なにも飾っていないありのままの自分の姿を見せた時のみんなの涙やメッセージを受けて、「そのままの私でも受け入れてくれる友達がいる」ということを知れてほっとしたので、これまでの価値観が払拭された気がします。

当時から、もっとみんなの「愛情」を信じて頼れば良かった。そして私も純粋な気持ちで「愛情」のお返しができれば良かった。

後悔もあるけど、やっと私の人生においての一番の課題に向き合えたと思います。

これから

大切な友人に自分をさらけ出すことができ、家族にも認めてもらえた私はもう本当に何も怖いものはありません。

これからはさらに、周りの人を信じて、自分らしく生きることを貫いていきたいと思います!

生きづらい人間からまた一歩大きく抜け出せたかな。

同じような想いをしている人たちに少しでも私のこの経験が届きますように。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です