【とりあえず3年…?】社会人2年目(23歳)にして、2度目の退職!

スポンサードリンク

こんにちは。ぽじもじカウンセラーのまりです。

皆さんは、社会人になってからずっと同じ会社にお勤めされていますか?それとも1度や2度、転職をされていますか?

今日は、私の社会人生活2度目の退職について語っていきたいと思います。

まりの経歴

私は4年生大学を卒業後、新卒として入社したA社を1年で退職しています。

そしてその翌日から入社したB社も、なんと9ヶ月で退職!

経歴だけでみると「とりあえず3年」精神のカケラも無いことがお分りいただけると思いますが、結果的にこうなったというだけです(笑)

むしろどちらかというと、1社に長く居るのが当たり前だと思っていたほうでした。

B社への入社のきっかけ

A社を退職した経緯はこちらの記事で書いています。

【新卒で入社後、半年で鬱に】先輩・上司に緊張しすぎていた

2018.02.26

A社に入社した頃、人からの紹介でベンチャー企業のB社の副社長と出会い、A社を辞めようかどうか葛藤していた時にも、よく相談させてもらっていました。

その頃からカウンセラーになりたい気持ちがあったので

B社の副社長から「まずうちで経営についてや人間力を学んでからスタートしたほうがいい。全力で夢の実現を応援する。」と言われたことがきっかけで入社を決意。

業界が全く未知の不動産系ということがネックだったけど、当時の鬱状態の私にはB社が希望の光のように思えてあまり気にしませんでした。

働いてみて

A社では常に肩に力が入った状態で働いていましたが、B社は人数が少なく常に会社にいるメンバーは2〜3人だけだったのでとてもアットホームな環境でした。

私にはこういう環境のほうが向いてたみたいです。

時間管理もかなり自由で直行直帰が多かったし、アポの間の空き時間はカフェで作業したりと、会社による縛りが全くありませんでした。

お客さんも良い方ばかりで本当に恵まれた環境だったと思います。

違和感

それでも、入社後数ヶ月が経ちある違和感が芽生え始めました。

最初からネックに思っていた業界についての興味のなさ

業務を行ううちに愛着が湧くだろうと甘くみていましたが結局いつになっても好きになれませんでした。

代表2人との相性

2人は若くして会社を経営していてすごく賢いし尊敬する点が沢山あります。ただなんだろう、実際に一緒に働いてみて私とは相性が悪かった。でもそのお陰で自分のスタンスが逆に明確に見えてきた気がします。

2社経験して、気付いたこと

A社では、仕事内容や、会社の色は好きだけど、働く環境(人数が多い所)が合わなかった。

B社では、働く環境は文句無しだけど、仕事内容や、会社の色が好きになれなかった。

つまり欲張りだけど、私は仕事内容・会社の色・働く環境全てが揃ってないとだめなんだと気付きました。

一度感じた違和感はどうしてもごまかせないし、A社に居た時になんとかごまかそうと無理した結果になってしまった経験があるので、今回は早いうちにしっかり向き合うことを選択しました。

このまま我慢し続けたらまた危険信号が出るなというのが感覚で分かったんです。

無理をしない。

本当に大切なことだと私は思います。

スピード退職

そんなこんなで、退職についてはスパっと会社にも告げました。

そして今後どうしようか考えました。

欲張りな私の求めている条件全てに当てはまる会社に入社するのは至難の技。

「それなら自分でつくればいいんだ。」そう思い、個人でカウンセラーの活動をするという新たなスタートを切ることを決断しました。

これからは働く環境も、やる内容も、やり方も、自分の心がわくわくする方向にだけ向かって進んでいきたいと思います。

なんにも知識なんてない今の私だけど、心さえわくわくしていれば勉強意欲も成長意欲も止まらない。

その結果きっとなにか形になるんじゃないかと信じてみたいと思います。

正社員という肩書きがなくなること

そうは言っても今回は正社員という肩書きを捨てることに対しそれなりに怖さや葛藤もありました。

そして好きなことをやっていくことへの覚悟は相当腹をくくって決めました。

最後に、2度も退職の決断をしたまりから一言。

まり
決断って気持ちいぃ〜!!!
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です