重く受け止めすぎてしまう性格にストップを!

こんにちは。
強がり卒業カウンセラーのまりです。

このブログでは、強がりの卒業を目指す過程で知っておいてほしい考え方を、毎回テーマを置いてお話していきます。

今回のテーマは、『物事を重く受け止めすぎること』についてです。

あなたは、だれかに言われた一言や、自分の失敗などを重く受け止めやすい性格ではないですか?

普段から悩みが尽きない方は、このような性格の可能性が非常に高いです。

今回は、そんなあなたが今よりずっと生きやすくなるためのコツをお話していきますね!

重く受け止めすぎるのは危険

私自身、もともと他人のちょっとした冗談も重く受け止めてしまうようなタイプです。

いちばん印象深いエピソードは、高校生のとき恋人に「ちょっと太った?(笑)」と言われた一言をきっかけに、食事がまったく喉を通らなくなってしまい、3ヶ月で10キロほど体重が落ちてしまったことです…

「ダイエットをしよう!」と前向きに決めて痩せられたなら良いことですが、私の場合はそうじゃなく、拒食症でした。

急激な痩せ方に気付いた親や友人、先生などにはすごく心配されましたし、私自身も食べることができない自分にどんどん恐怖を感じていきました。

そんな中、彼に思い切ってこのことを相談したとき、「え?ただの冗談だったのに!ちゃんと食べなよ!」と言われて、拍子抜けしたのを覚えています。

その後、家族の協力もありなんとか拒食症を克服することができましたが、重く受け止め過ぎることは危険だと実感した出来事になりました。

重く受け止めすぎないコツ

物事を深く考えること自体はとても良いことですが、そのせいで日々悩みが尽きなかったり、自分らしく生きられないのは、すごくつらいです。

それでは、重く受け止めすぎないためのコツを4つ紹介していきますね!

空の上から自分を客観視してみる

もし、だれかからの一言がグサッと胸に突き刺さるのを感じたら、その瞬間に空の上から自分を見下ろすイメージを持ってみてください。

そして、その状況を実況中継するのです。

たとえば、恋人に「太った?」と言われたときはこんな感じ。

==================

おおーっと!出ました!恋人からの「太った?」の一言!なんてデリカシーのない言葉でしょうか!

さあ、それに対してまりさんはどう反応するのか!深く傷ついてしまうのか…!

おお!なんと「うるさいな!もう!(笑)」と笑顔でかわしました!

すると彼も「ごめんごめん、冗談だよ!(笑)」と笑っています!

まりさんは彼の言葉を重く受け止めすぎず、見事な受け流しを決めました!

==================

どうでしょうか?
これをすることで、今あなたに起きている出来事や、自分の振る舞いなどを客観視することができます。

遊び心も交えながら楽な気持ちでやってみてくださいね!

ノートに感情を書きなぐってみる

もしあなたがなにかを重く受け止め、何日もそのことを考えてしまっているなら、一旦頭の中を整理する必要があります。

頭の中が整理されていないと、いつまでたってもトンネルから抜け出せないのです。

そんなときに必要なのが、ノートに感情をひたすらに書きなぐること。

そうすることで、自分が最も引っかかっていたのはどの部分か、また自分の本当の気持ちは何なのかなど、いろいろなものが見えてくるので、ほんとうにおすすめです。

お気に入りのノートを1冊準備するといいですよ!

人に話してみる

さきほどの “ノートに書きなぐる” を実践して頭の中は整理できても、なかなか答えが見つからないときもあります。

そんなときは、人に話すことも効果的です。

話しているうちにさらに頭の中が整理されますし、自分の視点だけでは気付けないような意外な解決策にも出会えるかもしれません。

行き詰まったら、迷わずだれかに話してみてください!

考えるのをやめてみる

それでもモヤモヤが続く場合、思い切って一度考えるのをやめてみましょう!

テレビやyoutubeを見たり、好きな音楽を聴いたり、美味しいものを食べたり、出かけてみたり。

とにかく気をまぎらわせることが大切です。

考えても考えても出口がないときは、無理に出口を目指さなくてもいいんですよ!

さいごに

いかがでしたか?

重く受け止めすぎないことを日常の中で意識できるようになると、あなたの生活は相当楽になると思います。

あなたの物事を深く考えられる力が良い方向に生かされるよう願っています!

強がり卒業カウンセラー まりより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

強がり卒業カウンセラー。24歳。 誰にたいしても強がるクセのせいで生きづらすぎた人生。うつをきっかけに心について学び、約10年苦しんだ強がりを卒業。 現在は自身の経験を生かし、生きづらさに苦しむ強がりさんのサポートを行っている。 オンライン・対面(東京)カウンセリング募集中!