【虫の画像無し】虫嫌いな人が気持ちを強く保つためにするべきこと

スポンサードリンク

こんにちは。ぽじもじカウンセラーのまりです。

(この記事には虫の写真は一切載せていません)

みなさん、『虫』は平気ですか?

私はめちゃめちゃ苦手です・・

ちっちゃな虫にも必要以上にびくびくしてしまったり、一人暮らしの家に虫が出た時は対処ができず泣きたくなります。

私とおなじような虫嫌いさんはきっと多いと思うので、虫と遭遇した時に少しでも強く気持ちを保つための対策を考えてみました。

今回おすすめしたいのは「自然との触れ合いを意識的に増やしてみること」と、虫に対する「嫌なイメージをできるだけ軽くすること」です。

突如現れた手足のなが〜いクモさん

この記事を書こうと思ったのも、ちょうど先日部屋でブログを書いていた時に結構大きなクモが壁にいるのを見つけてしまったんです。

一人暮らしの私は完全にパニック

ちょうど手の届くところにいたので、分厚い本でやっつけようと思ったけど全く勇気が出ず、背中を押してもらおうと母親に電話をかけながら格闘。(24歳…)

でも全然だめで…(笑)勇気が出なくて…(涙)

電話を切り、クモの退治方法とかを色々調べました。

アシダカグモ?って名前らしいですが、調べると画像がたくさん出てくるじゃないですか・・。その画像が怖すぎてとっさにiPhoneを思いっきり投げてしまったほど。

かなり敏感になっていて、何かが当たっただけでも悲鳴。少しクモ似ているものが目に入っただけでも悲鳴もう泣く寸前でした(笑)

そんなことをしている間に、さっきまでいた場所からクモさんは移動。

ベット付近まで来てしまったので、これはやばいと思って再度やっつけようとしましたが、ものすごい速さで逃げられいなくなっちゃいました。

どうしようと思い、またネット(画像のないネット記事に限る)で調べてみると

  • アシダカグモは害虫を食べてくれる益虫だから殺さないほうがいい
  • 害虫がいないと分かればその家から出て行く
  • すごく臆病だから人間になにかされそうになると猛ダッシュする
  • そのあとは隠れて出てこないから大丈夫

ということが分かったのでそのままにすることにしました。

なんにも知らなかった時よりは、

「害虫を食べてくれるなんて、結構いいとこあんじゃん」

「たしかに私にビビって猛ダッシュしてたな。なんかちょっとかわいいじゃん」

と少しだけクモさんに対しての受け入れ体制がついた気がします(笑)

幼少時代、『虫』は友達だった

24歳現在、こんなにも『虫』を怖がってしまう私ですが、子供の頃はそんなことは無かったんです。

祖父と祖母とは別々に暮らしていましたが、時々遊びに行くと必ずおじいちゃんととんぼをつかまえに出かけていました。

家の周りが田んぼだらけだったので、とんぼがたくさんいたんですね。

ここまではまぁいいんですが、そのあと捕まえたとんぼ約10匹ほどを、家の中に放すのがなぜか当時のマイブームだったんです。

カーテンがとんぼだらけになるのを喜んで見ていた記憶があります。おばあちゃんは嫌がっていた気がするけど孫のために我慢していたんだね・・ごめんなさい(笑)

今思うと信じられない光景です。とんぼを手で捕まえる時の羽のバタバタバタッッって感じも今なら怖すぎて無理。

大人になってしまったんだな〜としみじみ感じました。

↑ とんぼ狩りではないけど、カニや魚を捕まえてあそぶまりの幼少期。今よりかなりアクティブでした。

「そうだ、自然と触れ合おう」

昔は平気だったのに、どうしてこんなにも虫にびくびくするようになってしまったんだろうと考えた時、大人になり「自然との触れ合い」がまったく無くなってしまったことが大きな要因かもしれないと気付きました。

虫との接点を持つ機会が減ったことで、免疫が下がってしまったのだと思います。キャンプとかに慣れている人だったら虫にもかなり免疫があるんじゃないですかね。

自然の中で見る虫って、家や街中で見る虫よりもあまり抵抗なく受け入れられませんか?

なので虫に対しての恐怖心を少しでも克服するためには、自然と触れ合う中で、少しずつ虫に慣れていくことが大切だと思いました。

ということで、インドアな私もこれから少しずつ自然との触れ合いを増やしていきたい!!

家に引きこもってブログを書くばかりじゃなくて、海のそばや芝生の公園とか、自然の中で風を感じながらの作業をしてみたいですね。

悪いイメージや先入観を払拭しよう

さっきのクモさんの話で、初めは怖くて仕方なかったクモさんに対し、色々と調べた後は「意外とかわいいところもある」と思えるようになったように、結構気持ちの持ちようだったりもするんですよね。

虫嫌いな人は、悪いイメージ先入観から恐怖心を感じていることがほとんど。

そんな悪いイメージや先入観を払拭するのにおすすめなのは、虫が登場する物語を見てみることです。

ディズニー&ピクサーによる「バグズ・ライフ」は若干リアルではあるけど、いろんな虫たちの気持ちに感情移入ができるのでおすすめ。

さっきからクモを「さん」付けしているのも、できるだけ嫌なものという意識を軽くするためあえてです(笑)

次また家に虫が出た時は少しは落ち着けるといいな。

虫嫌いなみなさんもぜひ自然と触れ合うこと」と虫に対する「嫌なイメージをできるだけ軽くすること」を意識してみてくださいねー!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です