カウンセラーとして生きることへの覚悟

スポンサードリンク

こんにちは。まりです。

 

先日、カウンセラーとしての知識をつけるためのスクールに申込みをしました!

  • 学院のポリシー
  • 授業内容や授業スタイル
  • 講師をされる学院長の方の空気感

これらのことが私の求めていたものにしっくりきたのが決め手でした。

そして今回一つ明らかになったのは、「カウンセラーとして生きていくことに対して、気付けば相当な覚悟が決まっていた」ということ。

今日はそんな私の覚悟についてお話していきたいと思います。

3つの目標全てに手をつけることができた

カウンセラーとしての歩み出した2018年。私は3つの目標をかかげて行動しています。目標達成にむけてどのように進んでいるか、現状をまとめますね。

  1. ブログ運営において、自分の人間性・発信力・言葉を磨く
    → 2月から始め順調に今も続けている。
  2. 実際にカウンセリングを実施する
    1月から始め順調に人数が増えている。
  3. カウンセリングの知識をつける
    → カウンセラー養成スクールに申込み、6月から4ヶ月プロのカウンセラーから座学と実践を学んでいく。9月には資格を取得予定。

見事に現時点ですべてに手をつけられた状態になりました!

一気に全てに手をつけるのは性格上キャパオーバーになってしまうので、なにかが落ち着いてきたら次のことを始めるという感じで、ひとつひとつ時期をづらして始めることを意識してきました。

そして、予想よりも早く3つすべてに手をつけることができました!

目標をかかげた時の予想では正直「カウンセリングの募集をかけるのは怖がってなかなか踏み出せないだろうな」とか、「勉強って腰が重いしお金もかかるから本格的に取り組むのはかなり先になるのかな」なんて思っていました。

そんな弱気な気持ちとは裏腹に、気付いたらちゃんと本気になって行動している自分がいました。

2018年、まだ半分が過ぎていない今の段階で3つ全てしっかりと取り組み始められたのは、相当本気な証拠だと思います。

残り半年あるので、この3つをこのまま並行して進めていけば、目標はしっかり達成できるはず。いや、します。必ず。

貧乏生活の始まり

今回カウンセラー養成スクールに申し込むにあたり、私にとっては決して安くないお金がかかっています。

ご想像にお任せしますが、今の収入源のアルバイトだけじゃ正直きっついです。

念のためもう一度言います。

きっついです(笑)

それでも、私の直感がスクールの説明会を受けたとき「絶対申込むべき」と感じたので、潔く申込んじゃいました。

苦しいけど、一生物の大事な知識への投資だし、『今』学ぶことに意味があるから絶対先延ばしにしたくなかったので、これでいいのです。

この数ヶ月の貧乏生活がさらに私を強くしてくれるはず。金銭面の心配にも負けず、決断ができたのも相当本気な証拠だと思います。

まりは本気です

2018年1月に前の会社をやめて「カウンセラーになるぞ!」と決めたときより、かなり覚悟が強まったこの4ヶ月だったなと思います。

私を信じてくれて、私のもとに来てくれた人。その人たちを裏切らない存在でありたい。

大切なその人たちに、少しでも生きやすく、元気になってもらいたい。

そのために今後もひたすらに努力しつづけたいと思っています。

これからもっと加速していく予定なので、強がり卒業カウンセラーのまりにご期待ください!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

強がり卒業カウンセラー。24歳。 誰にたいしても強がるクセのせいで生きづらすぎた人生。うつをきっかけに心について学び、約10年苦しんだ強がりを卒業。 現在は自身の経験を生かし、生きづらさに苦しむ強がりさんのサポートを行っている。 オンライン・対面(東京)カウンセリング募集中!