【リクエスト記事】自分を褒めてあげることの大切さ

スポンサードリンク

こんにちは。ぽじもじカウンセラーのまりです。

今日は読者の方からリクエストいただいた内容について書いていきたいと思います。

お題は「自分を褒めてあげることの大切さ」について。

正直個人的に、これ結構難しいお題なんですよね。なぜなら私は自分を褒めてあげるのがめちゃめちゃ苦手だから・・。でも良い機会なのでしっかり考えてみたいと思います!

自分を褒めることへのハードルが高い

私は昔から、何かよっぽどのことを達成しない限りはあまり自分を褒めてあげられていないと思います。

良くも悪くも完璧主義なところがあり、何か物事を行う時少しでも結果がうまくいかなかったり、その過程での自分の取り組み方に反省点があったりすると、自分の中の満足度がかなり落ちてしまうんです。

そんな時に周りの誰かから「いや、今回まりは十分頑張ったよ」「よくやってるよ」と言われ、「え、そうなの!?」と驚くことがこれまで結構ありました。

こういったことから、私は人よりも少し自分を褒めてあげるハードルが高いのかなと自覚しています。

自分を褒めてあげるということ

自分を褒めるのが下手くそな私なりに「自分を褒めることの大切さ」を考えてみました。

まず「物事を完璧にこなしたい」という完璧主義なところ自体は、悪いことではないと思っています。妥協しないでしっかりやり遂げられるのは良いことだから。

でもその物事がうまくいかなかった時は、完璧主義は自分を苦しめてしまう要因になってしまいます。

もちろんうまくいかなかった理由を深く追求したり、反省することは必要なことです。

でも、それと自分を認めてあげないこと』は違います。うまくいかなかったとしても、その過程で自分が精一杯頑張ったのなら、その自分の努力は認めてあげていいんです。そこだけは思いっきり褒めてあげる。そして、今後はちゃんと改善していければオールオッケーだと思うんです。

結果が全てでは無い

よく、「“結果”が全て。“頑張った”は意味がない」みたいなことを言う人がいます。以前の私の上司もこのタイプでした。でも私はこの考えはどうもしっくりこないんですよね。確かに “会社に貢献する” という面では、“頑張った”は意味を持たないのは分かります。

でもこれってすごく人間味がなくて冷たいセリフに聞こえます。

人は学びながら成長する生きもの。なのに目先の結果だけを求めてくるのは、人をロボットのように見ているようで悲しくなります。だから気にしなくていいのです。

結果でしか物事を見ない人の言葉より、沢山褒めてくれる人の言葉を信じましょう。

自分自身が疲れてしまわないように

そして自分自身が自分に厳しくし続けてしまうと、いつか絶対に疲れてしまいます。自分のモチベーションをコントロールするためにも、時には甘やかすことも必要です。

結果がいまいちでも、努力して学びを得た自分のことは、せめて自分がちゃんと褒めてあげる。あとは自分の周りに人をすごく褒めてくれるような人がいれば、自分からその人に褒められにいくのも良いと思います。

引き続き頑張るためのエネルギーをしっかり補充することはとても大切なのです。

最後に

今回「自分を褒めること」について考えてみて、やっぱりとても大切なことだなと改めて感じました。私ももっともっと自分を褒めるハードルを下げて沢山自分を褒めてあげようと思いました。

この記事を読んでくださっているあなたへ

あなたはとても頑張っています。

その姿はすごく素敵です。

この辺で一度自分をたくさん褒めてあげて、一息ついたらまた一緒に頑張っていきましょうね!

まりより

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です