自分と向き合いまくった2018年の振り返り〜中身の成長編〜

スポンサードリンク

こんにちは。ぽじもじカウンセラーのまりです。

今年ももうすぐ終わるということで今回は、
2018年の振り返り〜中身の成長編〜を書いていきたいと思います!

▼前回書いた〜活動報告編〜はこちら

「始める」をテーマに行動した2018年の振り返り〜活動報告編〜

2018.12.09

〜活動報告編〜の記事のなかで

この一年間やってきたことは、誰かに指示されてやったことは一つもありません。
すべて、自分でやりたいと思って、自分でやると決めたこと。
こんな年は本当に人生で初めてでした。
引用:「始める」をテーマに行動した2018年の振り返り〜活動報告編〜

と書いている通り、2018年は今まで生きてきた中でいちばん自分らしくいられた年だったので、私の内面にも様々な良い変化がありました!

どのような変化があったのか振り返っていきますね。

 使う言葉の変化

無意識のうちに使う言葉が本当に前向きになりましたね。心地よい環境で生活できているので、心に余裕が出てきたんだと思います。

ただ、ネガティブな感情が出てくる時ももちろんあります。

そんなときはネガティブな気持ち自体はしっかり受け入れるけど、そのままネガティブな言葉で終わらせず、ポジティブな気持ちや言葉に変えられるまで向き合うようにしています。

言霊は絶対にあるので、今後も「使う言葉」には気をつけていきたいですね。

自分をいちばんの味方にする

自分の悩みも辛さも頑張りも、いちばんよく知っているのは自分なんです。

それなのに今までは「自分の悩みなんてちっぽけだ」「このくらいで辛いなんて言ってられない」「まだまだ頑張りきれてない」と、自分を全く認めてあげられなかったんです。

だから私はずっと誰かに認めてもらいたかった。

でもいくら親しい人だとしても、自分の悩みや辛さや頑張り全てはなかなか伝わらないものです。

いちばんよく知っているのは自分だけ。

なので、どんなに小さなことでもそのひとつひとつをまずは自分が認めてあげる。

そしていちばんの味方でいてあげる。

このことを意識して生活するようになりました。

そうしたら不思議と以前より周りの人からも認めてもらえる機会が増えました。

みなさんにもぜひやってもらいたいです。

自分を好きでいる

今年はとにかく自分とたくさん向き合いました。

今まで自分の悪い部分と認識していた部分も実は長所と気付けたり、もともと自分の好きだった部分をより好きになれたり。その上で、本当に直したいと思う部分には全力で立ち向かったり。

その結果、今の自分の価値観や性格がとても好きだと胸を張って言えるようになりました。

根拠もなく自分を大好きでいられるナルシスト気質はあまりないので、自分自身が納得して自分を好きと思えるような生活をこれからも送っていきたいと思います。

今後もいろんな経験をしてさらに自分の人間性を高め、もっともっと自分を好きになっていきたいです。

おわりに

ここまで書いたように今年一年で本当にガラっと中身の部分が変わりました。

というよりこれがきっと本来の自分なんだと思います。

今までが、偽っていた・無理をしていた自分の姿だったんでしょうね。

このツイートにも書いたように、
変えられる部分・変えられない部分はあると思うので、常にどんな私でいたいかを考えて、この命が終わる時まで自分を磨いていきたいと思います!

 

みなさんは、今年の自分はどうでしたか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です