白黒はっきりさせたい性格(二極思考)を手放し、グレーで生きること

こんにちは。
強がり卒業カウンセラーのまりです。

このブログでは、強がりの卒業を目指す過程で知っておいてほしい考え方を、毎回テーマを置いてお話していきます。

今回のテーマは、『白黒はっきりさせる考え方(二極思考)』についてです。

みなさんは、自分のことを白黒はっきりさせたい性格だと思いますか?

私は、この質問をされたら迷わず「YES!!YES!!!」と答えるほど、これまでの人生、常に白黒はっきりさせてきた人間です。

ただ。私の経験上もそうですし、心理学的にも言われているのですが、この考え方で日々生きていると、非常に生きづらいんですね…

ということで今日は、『白黒はっきりさせるよりも、グレーでいることの大切さ』についてお話していきたいと思います。

白黒はっきりさせたい性格(二極思考)の危険性

白黒はっきりさせたい人は、常に物事を

良い」か「悪い」か。
最高」か「最低」か。
成功」か「失敗」か。
正解」か「間違い」か。
」か「100」か。
」か「味方」か。

など、とても極端にとらえてしまいます。

2つのうちのどちらかという考え方なので、「二極思考」とも呼ばれます。

実はこの二極思考は、あなたの日常を生きづらくするだけでなく、うつ病になるリスクを高めるなど、とても危険なものでもあるのです。

イメージしてみてください。

あなたの心の中にひとつのシーソーがあります。心の安定を計るシーソーです。

このシーソーがまっすぐバランスを保っていれば、あなたの心の状態は安定し、人間関係も良好に築きやすくなります。

これがグレーでいる状態です。

反対に、なにかの出来事があるたびに、白か黒のどちらかにガタッと傾き、次の出来事で今度は逆にガタッと傾く。そんなことを何度も何度も繰り返しているとどうでしょう。

心のシーソーには相当な負荷がかかり、いつのまにか壊れて動かなくなってしまうかもしれません。

その “壊れて動かなくなった状態” が、うつです。

うつ病になりやすい人の性格として、白黒はっきりさせたいタイプ完璧主義が挙げられるのもこのような理由です。

うつ病にはなっていなくても、あなたの心のシーソーは、移動を繰り返するたびに、ギギギギー!!!っと音をたて始めているかもしれません。

おそらくこのあたりから人間関係にも悪影響がでてくるはずです。

二極思考で生きることは、気づかぬうちにあなたを苦しめているのです。

二極思考でジャッジしない

そんなあなたが今後今よりも生きやすくなるために持つべき考え方をお話しますね。

自分自身を二極思考でジャッジしない

たとえば、あなたが物事を進める中で、なにか1つミスをしてしまったとします。

今までのあなたならそのたった1つのミスによって、この世の終わりかのように落ち込み、自分に0点の点数をつけるはずです。

そんなときは、ちゃんとできた部分にもしっかりと目を向けましょう。

「この部分はミスしてしまったけど、それ以外の部分はうまくいった。だから今回は70点かな!」というような感じです。

0点か100点以外にも、いくらでも点数はつけられるのです。

他者を二極思考でジャッジしない

たとえば、あなたが、他者からの一言で傷ついてしまったとします。

今までのあなたなら、ひどく落ち込み、その人を敵と判断して、「もういいです、あなたとは関わりません。」とシャットダウンしてしまうかもしれません。

そんなときは、冷静になって相手の状況にも目を向けてあげましょう。

もしかすると、その一言を言ってしまったとき、相手はとても疲れていて自分に余裕がなかったのかもしれません。

あるいは、本心ではないことを言ってしまい、すごく反省しているかもしれません。

敵か味方かで判断するのではなく、相手にもなにか事情があったのではないか考えられる余裕が必要なのです。

グレーでいると人生はかなり楽になる

人生において起こるさまざまな出来事は、基本的には白黒つかないものばかりです。

はっきりさせることにこだわらずにグレーでいると、あなたの心はずいぶんと軽くなるはずです。

二極思考で物事をジャッジしてしまっているときのあなたは、

・心に大きな負荷をかけてしまっている
・視野が相当狭くなってしまっている

このような状態になっている可能性が非常に高いので、そのことをよく覚えていてほしいです。

どうしても白黒つけたくなったら、おおきく深呼吸をして

「まぁまぁ。ここはひとつ、グレーでいきましょうよ!」

と自分に提案してみてくださいね。

いかがでしたか?

あなたの心のシーソーがいつも良い状態でいられますように!

強がり卒業カウンセラー まりより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

強がり卒業カウンセラー。24歳。 誰にたいしても強がるクセのせいで生きづらすぎた人生。うつをきっかけに心について学び、約10年苦しんだ強がりを卒業。 現在は自身の経験を生かし、生きづらさに苦しむ強がりさんのサポートを行っている。 オンライン・対面(東京)カウンセリング募集中!